ひとわざ

ボンベ残圧警報発信装置

IoTのセンシング技術を応用開発した「ボンベ残圧警報発信装置」は事務所に居ながらにして遠く離れて設置された窒素ボンベのガス圧をアクチュエート(人に)フィードバックする装置です。
ボンベ圧力が予め設定された圧力以下になると登録された保守担当者にショートメール(SNS)で警報情報を伝えることにより、保守担当者が巡回点検する回数を削減することができます。
圧力センサーの代わりに、あらゆるセンサーが取り付けられますのでその情報を転送することなど多用途に使用頂けます。
<実用新案申請中>

入一通信工業株式会社

担当:久島 智尚
TEL. 0266-27-2111

主要製品
情報通信端末機器、通信用搬送機器、電源装置、LED照明器具、トランス、コイル製造・販売
新着